DOUGLAS_NEWS.jpg

Press

創設当初から米国で多大の注目と期待を集めたダグラス・アウトドアズ社は、アーガス・フライリールやアップストリーム・フライロッドが人気を博し、米国でブランドを確立しつつあります。フライフィッシング・メディアは大小を問わず、ダグラス製品のレビューを掲載しています。このページでは、ダグラス関連の記事をご紹介しています。

unported_argus.pngspacer.gifspacer.gifspacer.gifspacer.gifspacer.gifargus_unported-1.png

argusrex_front.pngspacer.gifspacer.gifspacer.gif12032215_1648703588746254_3315698938946986008_n.jpg

ARGUS & UPSTREAM NEW MODELS

アーガスとアップストリームに新モデルが登場!

ARGUS

新モデル”アンポーテッド”と”REX(レックス)”が追加されます。
“アンポーテッド”は左の写真の通り、穴の開けられていないモデルで、サイズは2 ¾”と3"です。
“レックス”はクラシックなクリックチェックのサーモンリールで、No.1からNo.3まで3モデルが展開されます。

詳しくはこちら

UPSTREAM

6’6” #3 2ピース・ロッド及び、3モデルの6ピース・パックロッドが追加されます。

6’6” #3 2ピース・ロッドは、ラインナップの中でも最軽量の約32g(カタログ値)。アップストリームのコンセプトであるライトライン・アングリングの真骨頂です。

6ピース・パックロッドは全て#3で、7’、7’6”、8’の3モデルが登場する予定です。バックパックに差して移動できる、日本の渓流に適したモデルです。

詳しくはこちら

FandS_review.jpg

アップストリームがFIELD&STREAM誌のレビューに取り上げられました。

FIELD&STREAM誌は、釣りのみでなくハンティング、サバイバルなど多岐にわたるジャンルを扱うアウトドア総合誌です。

エディターのカーク・ディーターのレビューは、簡潔で的確にアップストリームの特性を言い当てています。

"レス・イズ・モア"。「削ぎ落とす」は、必ずしも「失う」と同義ではありません。

新しいロッドを手に入れたときに最初にすることは?芝生か池、川へ出かけてどれぐら遠くへキャストできるかだけを試す人もいる。それも良いことではあるが、そのロッドが実際にどのような釣りができるかを評価するという観点から言えば、ほぼ意味の無い行為だ。

アップストリームロッドは、近くへキャストできるので、非常に気に入っている。ふざけているわけではない。このロッドはラインを乗せて15フィート以内にあるポイントへきっかり正確にフライを落とすことができるから、気に入ったのだ。小渓流に潜むブルックトラウトやカットスロートを探しながら草むらを進むときに必要なキャストこそ、このキャストなのだ。

ジム・マーフィーはダグラス・アウトドアズの社長で、私のお気に入りのフライ業界におけるイノベーターの1人だ。レディントンを設立し、数々の功績を残し、最近ではハーディーの再生に成功していた。彼は、注目を集めるにはどれぐらい常道から離れるのが適切なのか、そして市場のニッチな需要をどうすれば満たせるかを知っている。

アップストリームは、超軽量で非常に繊細なフィーリングのロッドだ。モデルは4種類のみ。#2が1モデル、#3が2モデル、そして私が使っている1.72オンスという驚異的な軽さの8'8" #4だ。グラファイトロッドだが、一般的なハイモジュラスアクションとは異なる。ファイバーグラスに近いが、それより少し力強い。これは、結局はラインコントロールが素晴らしいことを意味する。ロッドを買う時は、損をしないためにも、私はラインコントロールを最優先に考えている。特に、小さな流れの狭いターゲットにドライフライを投げなければならない場合は。

フライロッドが人をわくわくさせるには、多くの条件をクリアしなければならない。ときには、”less is more”という考え方がそれをクリアする。アップストリームには本当にユニークなフィーリングがあって、気に入っている。

11079604_1563299960619951_9176052924225002574_n.jpg



アップストリーム・ロッドはアーガス・リールとの相性も抜群です。

キャップ&リングのリールシートがアーガスのクラシックなデザインと調和します。

アーガスが奏でるクリックサウンドが、魚の躍動が手の中に伝わるアップストリームならではのライトラインアングリング体験を盛り上げてくれます。


Upstream が注目を集めています

The Fly Fishing Show での好評をうけて、米国のフライフィッシングメディアがUpstream Rod のリリースを報じています。

anglingtrade_upstream.png

ANGLING TRADE : New Approach to Traditional Light Line Angling

Each rod is designed to have a minimum, but high function approach to bush and upcountry fishing environments.
Upstream Rod は最小限でありながら高い性能を持ち、茂みやアップカントリーでの釣り環境にアプローチできるよう設計されている。
A light weight 1 5/8" brushed aluminum rod tube and sock are included with each rod. Pick up a Douglas Upstream Fly Rod and you will want to get on the water and try this new approach to traditional light line angling!
軽量で直径1 5/8インチのブラッシュドアルミニウム製ロッドチューブとロッドソックが付属。ダグラスのアップストリーム・フライロッドを手に取ったら、水辺に出かけてトラディショナルなライトライン・アングリングへの新しいアプローチを試したくなることだろう!

hatch_upstream.png

HATCH MAGAZINE : Every Fish is a Big Fish

The Upstream Series is built specifically for small stream fishing, specifically what Douglas calls "bush and upcountry" angling.
Upstream Rod は特にスモールストリームでの釣り、つまりダグラスが言うところの"ブッシュ&アップカントリー"の釣りのために作られている。
The rods are designed to be ultra-light and minimalist in their disign and their tapers are targeted towars anglers that need to be able to control their line and catch when casting and working in close.
このロッドは超軽量で余計なものをそぎ落としたデザインとなるよう設計されている。そして、テーパー形状は、ラインを良くコントロールする必要があり、キャスティングと同時に針を掛け、近距離で釣りをするアングラーを対象にデザインされている。

argussing.jpg
spacer.gif

Listen to Argus sing..

心地よいクリック音がフィールドに響く


アーガスの大きな魅力の1つは、洗練されたクリック音です。Douglas Outdoors が録音したものを公開しています。ぜひアーガスが奏でる音楽を聞いてみてください。

左の画像をクリックするとDouglas Outdoor のページが開きます。

upstream_web-800.jpg


spacer.gif
spacer.gif

SANSUI Trout Festa 2014

7th Dec. 2014 9:00-16:00
KAWAGOE AQUATIC PARK
Ikenobe 880, Kawagoe, Saitama

トラウトフェスタにて
アーガスが展示されました!

ご来場いただき、ありがとうございました。
多くの方にクラシカルなデザインや洗練された
クリック音などを楽しんでいただけました!


sansui_logo.png

Douglas_AI.jpg

Douglas Outdoors : this is our 'timeless classic'

The Argus fly fishing reel from Douglas Outdoors is more than just a reel. As the first fly reel to reach the market from the new company founded earliar this year by former Hardy US boss Jim Murphy, the Argus is a statemet of intent.
ダグラス・アウトドアーズのアーガス・フライフィッシングリールは単なるリールではない。Hardy USの前社長、ジム・マーフィーによって今年初めに設立された新会社が初めて市場に送り出すフライリールであり、アーガスは一種の意志表明だ。
"There are so many things about the reel that will appeal to people on different levels. Some will love it for its traditional aspect, some for its functionality, some because it is made in this country and some simply because it is a beautifully proportioned piece of engineering. It is a 'trophy reel' in every sense."
このリールは色々なレベルで人々を惹き付ける魅力を多くそなえている。トラディショナルな外見が気に入る人もいれば、機能性にひかれる人もいるだろう。この国(米国)で製造されたことに魅力を感じる人も、単純に美しく調和のとれた工芸品として気に入る人もいる。アーガスは全ての意味において優れたリールだ。

tackletradeworld.jpg

Jim Murphy returns with new USA-made brand


Enigmatic fly fishing industry personality Jim Murphy is set to return to the business with the launch of a new brand at this year's ICAST and IFTD.
The former Hardy North America president will be introducing Douglas Outdoors, a new venture he is undertaking with prominent conservationists and owners of the Douglaston Salmon Run, the Barkley Family.


予測不可能なフライフィッシング業界における有名人、ジム・マーフィーが新しいブランドを引っさげて今年のICAST/IFTDに出展し、ついに業界への帰還を果たす。
Hardy North America の前社長が立ち上げるのはダグラス・アウトドアーズというブランドで、有名な環境保護主義者で(スポーツフィッシャリーの)ダグラストン・サーモン・ランを所有するバークレー一族とともに興した新事業だ。

murphy1.jpg

ONE on ONE Jim Murphy Douglas Outdoor president


It didn't take long for one of fly fishing's most charismatic personalityies to introduce himself to the trade he love.
フライフィッシングのカリスマ的人物の1人が自分の愛する業界に戻ってくるのに長くはかからなかった。


"Douglas starts with a clean sheet of paper and is tageting sustainable growth. A 'fresh legacy' is all about knowing the past and being optimistic about future."

「ダグラスは全く白紙の状態からスタートして、成長を維持することを目標としている。(社のモットーである)’fresh legacy(新たなる遺産)’とは、過去を知り、未来を楽観することだ。」

Murphy's Law

Few individuals have helped steer the course of the fly-fishing industry with more entrepreneurial verve than Jim Murphy. To say the 62-year-old Boston-native has been around the block is an understatement illustrated by more than 20 years of managerial and ownership roles at Thomas & Thomas, Redington, Albright Tackle and, in more recent times, as president of Hardy & Greys North America. Murphy took the latter gig in 2008, establishing a team of dedicated employees at offices in Lancaster, Pennsylvania, and was instrumental in bringing the 142-year-old company up to present. Under his leadership, Hardy introduced anglers to a new era of the venerable tackle mainstay that included an aggressive rollout of technically-advanced hardgoods— such as the Sintrix series fly rods— backed by a rebranding of classic, UK-made reels like the Perfect.

ジム・マーフィーほど熱心に企業家精神をもってフライフィッシング産業の舵取りをした人物は数少ない。62歳、ボストン生まれのマーフィーの業績は控えめに言っても、トーマス&トーマスやレディントン、オルブライトタックルで約20年間、重役あるいはオーナーとして経営にあたり、近年は Hardy & Greys North America の社長を務めた。2008年にペンシルバニア州ランカスターに熱心な従業員をあつめてチームを結成し、創業142年の老舗の現代化に大きく貢献した。彼のリーダーシップのもとで、Hardy はアングラーを高級釣具の新時代へと導いた。Perfectのような英国製リールのリブランディングを下支えにして、SINTRIX素材を用いたフライロッドのような高度な技術を用いたハードウェアの新製品を次々と発表したのだ。